わくわく日記(平成28年度)

「体験保育」年長組

2016年6月28日(火)

[ わくわく日記(平成28年度) / 6月 ]

 今日は、小さいお友達をお招きして、体験保育を行いました。
つき組では、新聞紙遊び。新聞紙を船に見立てて、ジャンケンで負けたら半分に折ってい くというゲームです。その後は、傘にしたり空飛ぶマントにしたり、そのうちビリビリやぶきだし、雪が降ってる!と、ちぎった新聞紙を雪に見立てて投げ、小 さいお友達も楽しそうにしていました。
ほし組では、もうすぐ七夕と言うこともあり、スイカの形の笹飾りを小さいお友達に教えてあげました。クレヨンの使い方やシールのはがしかたを教えてあげたり、小さな先生になっていました。
ゆ き組では、絵の具を出して、ペンキ屋さんに変身!天気が悪かったため室内にシートを敷いて、段ボールに絵を描きました。いつもの画用紙に描く絵とは違い、 大胆に描いていました。小さいお友達にこっちだよ。と声を掛けたり、お手伝いをしていました。日頃年少さんのお世話をしてくれる年長さん。小さい子との関 わり方も優しくて上手でした。
とても微笑ましく思いました。


ページの先頭へ